본문 바로가기 대메뉴 바로가기

舒川新城里

舒川のシンボル

HOME 舒川の紹介 舒川のシンボル

シンボルマーク

シンボルマーク

全体の形状は、ハングルの構成単位である「ㅅ·ㅊ」と「ㅓ·ロ」を基本図形にして、力強くダイナミックな曲線の調和した流れで、舒川郡の長い伝統と希望に満ちた未来を表現する。青、緑、赤は西海、錦江、太陽を形象化し、舒川郡のきれいな自然環境と、希望に満ち明るい未来を表現する。

ブランドマーク

ブランドマーク
エンブレム

開放、協力、バランス、跳躍、飛翔、ビジョン、明日、幸福、希望の舒川を表現する舒川郡のブランドである。

【開発意図】
  • 1.幸福な心に染まっていく郡民によって希望に満ちた明日が切り開かれる舒川のイメージを、流麗なスタイルのカリグラフィー技法を用いて表現し、黄海に浮かぶ太陽と錦江、内陸地域の緑の自然をモチーフにして躍動的に円形化。
  • 2.2つの円を対称になるよう配置し、中間のカリグラフィーを中心に無限大を意味する記号「∞」を形象化して、「幸福」と「希望」が常に持続することを視覚的に表現。
  • 「幸福」と「舒川」をメインキーワードとして、舒川発展の最終的な目標を象徴しており、温もりと和合、好感を表すオレンジと、爽快、エコロジー、清浄を表すグリーンをメインカラーとして活用。
[主なキーワード]

開放、協力、バランス、跳躍、飛翔、ビジョン、明日、幸福、希望

[カラーの意味]
  • オレンジ : 和合、協力、和合、情熱、温もり、躍動力を象徴
  • グリーン : 舒川の清浄な環境と明るい明日を象徴

郡旗

郡旗

舒川の郡旗は、「ㅅ·ㅊ」と「ㅓ·ロ」を基本図形として力強くてダイナミックな曲線でデザインされており、海岸都市舒川の進取の気性を象徴する。

郡花:椿

郡花 : 茶花

天然記念物第169号に指定された馬梁里椿の森と椿イイダコ祭りを通して内外において椿の認知度が高く、早春に他の花より先に咲く赤い花は、情熱的な愛を象徴し、花房は逆境と災​​害を押しのけるといい、幸運を表わす多くの実が開くために、子孫繁栄を象徴する

郡木:クロマツ

郡木 : 黑松(=海松)

潮風に強いため海岸樹木として最適で、舒川地域の松の3/4がここに分布し蒼蒼たる樹木で生息しており、常に真っ直ぐ伸びるその姿は、男性的な逞しい気性と屈することのない節義で如何なる困難も克服する揺るぎ無い気概を象徴し、強い生命力を以って自ら繁殖しようとする生命の意志を持つ樹木である。

郡鳥:ミヤコドリ

郡鸟 : 蛎鹬

天然記念物第326号に指定された希少種で、舒川有父島の清浄な干潟一帯で越冬する。世界的なバードウォッチングスポットとしても脚光を浴びており、舒川郡の清浄で美しい地域のイメージを象徴する。